気まぐれ蕎麦屋めぐり集

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台そばめぐりシリーズ6

<<   作成日時 : 2006/06/23 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●今週(6.19−6.24)は仙台市内3軒のそば屋さんをめぐりました。青葉区の浅羽、むぎきり庄内、麺房に行きました。

1) 仙台市青葉区国分町2-1-10 阿部フォートビル3F 割鮮 浅羽 (265-3450)
昼はそばの幟が出ているほかビルの入り口にメニューも置いている。
平日の昼のランチは11:30-13:30、夜は17:00から海鮮割烹料理の店である。
「もりそば」700円(大盛り900円)の麺はやや短め、歯応えがあり美味い。
わさびは好みでおろして使用、そばつゆは比較的あっさりしている。
そばのほかに漬物、小鉢が付いている。(6.19)

画像


画像


2) 青葉区本町3-6-17 むぎきり 庄内(216-8763)
ここの名物は山形庄内地方のうどん「むぎきり」でツヤツヤした手打ち平麺 
喉越しのよさが特長だ。
今回はゲソ天ざるを注文、手打ちそばは田舎風で麺がやや硬めで歯応えがある。
ゲソ天はたっぷりついてくるので食べ応えがある。小鉢もついて880円。
地酒や焼酎なども置いているので夕方から出かけるのもよい。(6.20)

画像


画像


3)青葉区国分町3-1-3 残間・米尾ビル4F 出羽さらしな 酒菜 麺房
山形に本店のあるそば屋、板そばほか昼はランチのそば定食、夜は地酒・焼酎が楽しめる。
焼酎のそば湯割りがオススメなそうですが、この店ではビールと地酒しか飲んでいない。
今回は大ざるを注文、麺は機械打ち、板そばより歯応えとそばの深みが少くない感じがする。
やはり手打ちの板そばがオススメだ。(6.21)

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙台そばめぐりシリーズ6 気まぐれ蕎麦屋めぐり集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる