気まぐれ蕎麦屋めぐり集

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台そばめぐりシリーズ53

<<   作成日時 : 2007/10/28 08:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

●今回(10.15−10.26)は仙台市内4軒のそば屋さんをめぐりました。青葉区の馥郁庵、山形そば寿庵、家福、二十陸へ行きました。

1)青葉区中央1丁目10番25号 仙台ホテル地下1F 馥郁庵(225-5171内2026)
この期間、2回ほど出かけました。
1回目は季節のかきそば、2回目は鴨南そばを注文しました。
更科系のそば、麺は細打ちでめんつゆの濃さもほどよくとても美味しいのです。
鴨南そばは麺つゆにつけて食べるそばの味は深みがあります。最後のそば湯は最高です。季節限定のかきそばはオススメです。

画像


2)山形そば 寿屋寿庵 仙台市青葉区一番町3-7-1 電力ビルB1 265-1943
営業11:00−15:00 17:00-21:30(土日祝日は夜の営業なし)
山形そばを味わえるそば屋で、地酒も充実しています。昼はいつも小板そばといなりのランチ
セットを注文しています。そばは歯応えがあり食べ易く美味しいのです。そば湯で味わうそばつゆも格別です。

画像


3)仙台市青葉区本町1-14-16 そば処 家福 (222-0565)
ここの名物は「もりそば」で1枚500円、一枚追加で50円、
今回も5枚注文しました。「もりそば」は更科系細打ちで、そばつゆもあっさりしていて、
時々食べたくなります。

画像


4)蕎麦好房二十陸 仙台市青葉区中央2丁目8−16 (266-2106)
今回も笙玄を注文、笙玄は更科とやぶの中間で、歯応え、透明感、喉越が抜群です。
めんつゆは辛めなので麺の先につゆを軽くつける程度で食べるのが良いのです。
カボチャの煮物、浅漬け付きで900円。
このほか玄華があります。笙玄の粉をベースに甘皮部を粗挽きしま粉併せて打った田舎そば。風味、喉越し、歯応え抜群。笙普通盛りが900円、大盛りは1200円、漬物や小鉢付。
このところ数回出かけていたのですが、昼の営業時間が過ぎていたり、夜の営業が終了した直後だったりで店に入りそびれていました。久しぶりの二十陸のそばを味わいました。

画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですなぁ。私は最近ジャズとかクラシックを流す喫茶店とかバーをいろいろ探してるんですよ。そばも食べ歩いてみようかと最近思ってます。
仙台ではあまり食べ歩いたことないので、ここを参考にしてみようと思います〜。
nanami
2007/11/04 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙台そばめぐりシリーズ53 気まぐれ蕎麦屋めぐり集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる