気まぐれ蕎麦屋めぐり集

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台そばめぐりシリーズ57

<<   作成日時 : 2008/01/19 05:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●今回(12.14−1.18)は仙台市内6軒のそば屋さんをめぐりました。青葉区の家福、二十陸、寿庵、がんこそば、嘉泉、兎月でそばを味わいました。

1)仙台市青葉区本町1-14-16 そば処 家福 (222-0565)
この期間3回ほど出かけ、名物のもりそば5枚、季節の松島かきそばを2回注文しました。
かきそばはかきが6個入っていて950円。寒いときは体が温まります。
かきとそばつゆの味がマッチしていて最高です。
名物はもりそばは冷たいものとあつもりと言われている麺が温かいものと2種類あります。

画像


2)がんこそば 仙台市青葉区中央1丁目7−40 TEL 022-224-4774
季節のかきそばを注文した。かき、麺とスープの味とバランスがよく、そばは実に旨いのです。
この季節にしか味わえないかきそばはオススメです。かきは3個入って680円。麺は細く量が多いように感じます。
このほか、とろろそばやおろしそばなどとともに400円台とリーズナブル。
午後5時以降は晩酌用のつまみもあるので夕方の時間帯に立ち寄るのもよいです。

画像


3)蕎麦好房二十陸 仙台市青葉区中央2丁目8−16 (266-2106)
今回も笙玄を注文、笙玄は更科とやぶの中間で、歯応え、透明感、喉越が抜群です。
めんつゆは辛めなので麺の先につゆを軽くつける程度で食べるのが良いのです。
煮物、浅漬け付きで900円。
このほか玄華があります。笙玄の粉をベースに甘皮部を粗挽きしま粉併せて打った田舎そば。風味、喉越し、歯応え抜群。笙普通盛りが900円、大盛りは1200円、漬物や小鉢付。
会津そばの香りを楽しみながら味わえるのは最高です。

画像


4)山形そば 寿屋寿庵 仙台市青葉区一番町3-7-1 電力ビルB1 265-1943
営業11:00−15:00 17:00-21:30(土日祝日は夜の営業なし)
山形そばを味わえるそば屋で、地酒も充実しています。昼はいつも小板そばといなりのランチ
セットを注文しています。そばは歯応えがあり食べ易く美味しいのです。そば湯で味わうそばつゆも格別です。

画像


5)手打ち蕎麦 「嘉泉(かせん)」 仙台市青葉区一番町 1-5-31 221-2713
感動を与える蕎麦を目指している店だけあってそばの味は抜群です。
手打ちざるそばを注文、常陸秋そばで麺に腰がありそばの香りが口の中に広がる感触は最高です。この店では手打ちそば教室も開催しているので、参加してみるのも良いでしょう。
夜は寄り道セットもあります。

画像


6)青葉区一番町4-11-1 141地下2F そば処 兎月 268-7725山形のそば粉を使用しています。細打ちのそばでやや黒っぽい麺という感じですがそばの歯応えと味に深みを感じます。今回は定義山油揚げそばを注文しました。定義山の三角油揚げとそばがうまくマッチしていて味わいのあるそばです。820円。
地酒やビールを置いているのでそば屋で飲みながらゆっくり時の経つのを味わうことができます。オススメのそば屋さんです。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙台そばめぐりシリーズ57 気まぐれ蕎麦屋めぐり集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる